心の断片21「怯えた背中」

「怯えた背中」

生まれたからには
遮二無二生きる
夢を描いて背伸びする
骨のきしみは隠せぬが
あても支えもない以上
地面を蹴って進むだけ

道はあれども
    道はなし
    我が身一つに道一つ
    退くことなし
弛むことなし

高鳴る鼓動だけが味方の
死にものぐるいの自分を
合わせ鏡でみているのは
何もおまえだけじゃない

  怯えた背中
  貧しい筋肉が悲鳴をあげ
  つりあがった目尻を
  震える小指で隠す
そして
  鼻歌まじりに
  だが 
  休みなく
  この俺の無理やりの
  小さな鉄の魂が
  忌まわしく頑丈で
  恐ろしげな大岩石を
  内から外から突き崩す
ぼろぼろに
  ずたずたに
  跡形もなく滅ぼしてゆく

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 心の断片 パーマリンク

心の断片21「怯えた背中」 への2件のフィードバック

  1. harukichi より:

    ご無沙汰しまくりのハルです!
    術後の経過はバッチリですか?
    久々のコメントがココロ踊るものではなくてアレなんですが、ブログを閉じることにしました。
    どこにいるの?さんには、温かく鋭いコメントを頂いたり、こちらの記事ですんごく癒されたりして、ホント感謝しています^^
    あの空間は無くなっても、お邪魔はさせて頂きますので、ヨロシクお願いします♪
    寒暖の差が激しいので、どうぞお気をつけて!

  2. どこにいるの? より:

    休憩時間の到来だね。疲れたら休む。これが道理だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中