変な疑問34「ボイスチェンジ」

 ライオンの咆吼を小鳥のさえずりに変えたらどうなるのだろうか。ライオンが大人しくなるのを期待していいのだろうか。だが、大人しいライオンは生き延びることができるのだろうか。大人しくなったライオンは、やはりさわやかな小鳥のさえずりで獲物に襲いかかるのだろうが、恐怖の咆吼より、小鳥のさえずりでリラックスさせておいて襲うから獲物を捕らえる成功率が高いかもしれない。
 声が変わってもライオンはライオンだ。しかし、声がライオンの何かを支えていたとしたら、それはなんだろう。支えが変更したことによって何が起こるのだろう。
 咆吼の呪文効果なるものはないだろうか。唱えることによって精神的に何らかの変化が起こると思われる呪文は音声がどういう影響を人に与えるかという問題を抱えている。ライオンには精神などと言う高級なものはないから意味はないと思うかもしれないが、精神などという余分なものがないだけに、音声が行動を司る基本的なところに直接大きな影響を与えているかもしれないのだ。ちょっとイタズラして確かめて見せてくれる人はいないだろうか。アニマルボイスチェンジャーなんておもちゃ、ないよね。
 ところで、ライオンのエサの一つ、シマウマは何と鳴くのだろう。馬だから「ヒヒーン」なのかな?

★ホームページへ戻る

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 変な疑問 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中