月別アーカイブ: 2006年11月

恐怖シリーズ93「見えないもの・聞こえないもの」

 夢ではない。夜、目を閉じると見える。内視現象なのか。昨日は数学のテキストだと思 … 続きを読む

カテゴリー: 恐怖シリーズ | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑53「第四版64ページ・あばよ」

 諸説ある場合は、諸説ありと記すか、代表的なものを二つ以上記載した方がいい。第四 … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

日々雑感149「危うい人々」

 さてさて、人はいつも危うい。いつ死んでも不思議ではない。だからこそ、なんとか命 … 続きを読む

カテゴリー: 日々雑感 | コメントをどうぞ

心の断片64「寝覚め」

「寝覚め」 口ずさんだ歌も忘れ僕は日陰で疲れている遠く小さな太陽は少し離れたとこ … 続きを読む

カテゴリー: 心の断片 | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑52「第四版61ページ・アナトキシン」

 これは脱字だろうか。第四版61ページ「アナトキシン」の1,2行目。 「ホルムア … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

心の断片63「明日」

「明日」 この雨やめば明日になる明日にならない日などない折れ曲がるのは誰ひび割れ … 続きを読む

カテゴリー: 心の断片 | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑51「第四版61ページ・足末」

 「足末」は「あなすえ」と読むが、用例はこれでよいか。第四版61ページ「足末」の … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ