変な疑問60「親の本能」

 このスペースは、このまま使えなくなるかと思ったが、自動的に復帰した。どうして突然使えなくなるのだろうか。表スペースは途切れることなく使えているのに、この裏スペースはこれまで3度使えなくなっている。しかも使えない状態が何日も続く。バックアップは取るようにしているものの、少し不安になる。
 やはりこれまで書いてきたものを編集しよう。できるだけ誤りがなく、矛盾の少ない文章にして、まとめるようにしよう。そこから派生する思いつきも記録していき、網の目のようにつながりを持たせよう。
 どうしてこのような徒労とも思われることをしようとするか。それはぼけ防止ということもあるけれど、来年の4月23日、本の日に2冊限定で装丁し、子どもに渡そうと思っているからだ。そもそもうがった見方で書いた文章だから、偏りがある。批判力のある年齢でないと渡せない。ちょうどよい頃合いだ。
 しかし、自分の子ども用に編集するとなると、大編集だ。今53万文字だから、40万文字ぐらいに引き締めなくては読んでもらえないだろう。しかも、イラストを入れたり写真を入れたりしなくてはいけない。その上、内容も言葉遣いも手を加えなくてはいけない。こうなると、原形をとどめないほどに偏りがなくなってしまう。しかし、それでは面白くない。親というのはたいへんなものだ。まず装丁用の紙や布などの素材を集めなくてはいけない。
 遺伝子だけでは渡せなかったものを意味があるなしにかかわらずとにもかくにも渡そうとする。これも本能なのだろうか。

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 変な疑問 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中