月別アーカイブ: 2008年5月

怪しい広辞苑153「第四版159ページ・一銭切」

 広辞苑第四版159ページ「一銭切」の説明。 「戦国時代に行われた刑。たとえ一銭 … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

恐怖シリーズ118「対応不能」

 物がたくさんあるのは怖い。おそらくそれはその多さに対応できないと感じているから … 続きを読む

カテゴリー: 恐怖シリーズ | コメントをどうぞ

日々雑感228「豊かな心は面白い」

 面白いという気持ちは、「たくさん」ということと「進む」ということと関係が深い。 … 続きを読む

カテゴリー: 日々雑感 | コメントをどうぞ

突然思い出したこと109「人生論」

 お茶を飲んでいたら、「人生論」という言葉を突然思い出した。 その昔、大人たちが … 続きを読む

カテゴリー: 突然思い出したこと | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑152「第四版159ページ・五瀬命」

 広辞苑第四版159ページ「五瀬命」の説明の二行目。 「神武天皇の兄。天皇と共に … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

突然思い出したこと108「三人寄れば文殊の知恵」

 お茶を飲んでいたら、なぜか「三人寄れば文殊の知恵」という言葉を突然思い出した。 … 続きを読む

カテゴリー: 突然思い出したこと | コメントをどうぞ

恐怖シリーズ117「世界平和」

 「世界平和」とは何とむなしく美しい言葉だろう。一つの星に人口が多すぎるというの … 続きを読む

カテゴリー: 恐怖シリーズ | コメントをどうぞ