月別アーカイブ: 2008年6月

突然思い出したこと111「老化現象」

「魂悲裸婦寝」 夫根汚為手尼補架袈手修羅首狩取魔我把醜苦破惨臭中乃氷憎頭撒魂悲裸 … 続きを読む

カテゴリー: 突然思い出したこと | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑159「第四版161ページ・井綱」

 広辞苑第四版161ページ「井綱」の説明。 「井戸につるす縄。つるべなわ。」とあ … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

心の断片134「日課」

「日課」 記憶に救われ新しい気持ちを再現した記憶をたどり幸福感も再現しよう 記憶 … 続きを読む

カテゴリー: 心の断片 | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑158「第四版161ページ・一髪」

 広辞苑第四版161ページ「一髪」の説明の2行目。 「水天彷彿青‐」とある。頼山 … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑157「第四版161ページ・稜威道別」

 広辞苑第四版161ページ「稜威道別」の見出し語の立て方。 「稜威道別」は「いつ … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

突然思い出したこと110「一石二鳥」

 「一石二鳥」という言葉があるが、故事成語でもなければことわざでもない。ただの四 … 続きを読む

カテゴリー: 突然思い出したこと | コメントをどうぞ

心の断片133「後始末」

「後始末」 わくわく世界の万華鏡 僕の左目かすめ取り 寒い夜空に逃げてった 読み … 続きを読む

カテゴリー: 心の断片 | コメントをどうぞ