心の断片220「夜の記憶」

「夜の記憶」

三日月の夜は
人歩く
後ろ姿は群青の
ふたりひとりと
月の夜

風吹く夜は
家の中
明かり火鉢に
よりそいて
両手ならべて
かざす影

雨降る夜は
窓の外
道行く人は
急ぎ足
かすかに残る
息づかい

最後の夜は
胸の内
慣れ親しんだ
天井の
ひとつひとつの
節模様

広告

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 心の断片 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中