月別アーカイブ: 2010年10月

突然思い出したこと141「道程」

 「道程」という詩を突然思い出した。  始めて目にしたのは、恐らく中学校一年生の … 続きを読む

カテゴリー: 突然思い出したこと | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑226「靫・空穂(うつぼ)」

 広辞苑第四版239ページ、広辞苑第六版266ページ「靫・空穂(うつぼ)」の説明 … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

心の断片265「マッチ箱の」

「マッチ箱の」 ふざけた衣裳の道化師は 白い手少し差し出して 機械のようにかたか … 続きを読む

カテゴリー: 心の断片 | コメントをどうぞ

心の断片264「そのように生まれた」

「そのように生まれた」 翼 隠して 生きている 生き霊 鎮めて 生きている 命奪 … 続きを読む

カテゴリー: 心の断片 | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑225「打つ・討つ・撃つ」

 広辞苑第四版236ページ、広辞苑第六版263ページ「打つ・討つ・撃つ」の③の説 … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ

突然思い出したこと140「綿打ち」

 綿打ちの記憶を突然思い出した。座布団や布団は使っているうちに柔らかさを失ってつ … 続きを読む

カテゴリー: 突然思い出したこと | コメントをどうぞ

怪しい広辞苑224「打分け」

 広辞苑第四版236ページ「打分け」の説明の中に「優劣が決らないこと」とあるが、 … 続きを読む

カテゴリー: 怪しい広辞苑 | コメントをどうぞ