日々雑感289「年末の憂鬱」

 年の終わりにいつも思う。全て正しかった。そして、全て間違っていた。結局はそうなるのだ。 
 事実の記録は断片的であらゆるストーリーが組み立て可能だと常にスタンバイしているかのようだ。この罠にはまってもよいが、片足は常にその罠から一歩外に置いておかねばならない。
 自ら仕掛けた罠もあれば、他人が仕掛けた罠もある。また、意図せず結果として罠となっている場合もある。記録されているだけで記憶されていない事実もある。記録されていなくても記憶されている事実もある。記録もされていなければ記憶もされていない事実もある。記録も記憶も両方されている事実もある。それらが事実ばかりの場合と、事実でないものも入っている場合と、事実が全く含まれていない場合がある。
 ある団体や個人によって意図的にストーリーが組み立てられる場合と、自然にストーリーが組み上がる場合がある。事実とうわさと嘘が入り交じって、結局は理解されやすい形となったものが何かについての真実となっていく。
 しかし、それもこれも取りあげられたものに限っている。しかも、今生きている人間の中の極めて一握りの者たちがだ。
 

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 日々雑感 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中