日々雑感326「よどみなきこと」

 岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」を読み始めた。「積ん読」というものは面白いものだ。何の気なしに直観で本を手に取る。このタイミングというものには絶妙な味わいがある。
 氏の文章はよどみなく心に入る。これはどうしてだろう。まるで自分の言葉で書かれたように滞ることがない。行間を読む必要もないのだ。恐らく氏ご自身が信ずるところを信ずるままに書き綴った純粋な文章なのだろうと思う。
 そのような純粋なものに久しく触れてなかった僕は、姿勢を正して文章と向き合うことのすがすがしさと素晴らしさを改めて感じた。そして、この500円足らずの文庫本がとても愛おしく思われた。

広告

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 日々雑感 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中