日々雑感332「テレビで新常識を」

 料理の科学というテレビ番組のコーナーを見た。何を大げさなと思ったが、大げさだと思うこと自体が間違っているのだと後で感じた。日常生活で活用されてこその科学ではないか。野菜炒めは「強火で炒めるのではなく、弱火で炒める」に始まり、常識的な料理方法とは逆の手法がいくつか科学的に解説され、実際にその料理方法で作られたものを食して納得するという締めくくりであった。数分間であったが、常識を新しく塗り替えていくような、こうした番組を多くすれば、テレビ離れに歯止めがかかるのではないかと思う。いつまでも焼き直しばかりの内容だけでは、その役割を十分に果たしているとは言えない。ハードとしては折角のTVなのだから、更なるソフトの充実を期待したい。テレビはかつて「一億総白痴化」と評された。しかし、それは一つの段階であろうと信じたいのだ。

広告

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 日々雑感 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中