変な疑問164「なぜ彼は『くまのプーさん』と呼ばれるのか」

 マジックインキをなぜマジックというのか。マジックテープもマジックという。マジックナンバーもマジックだ。では、マジックハンドもマジックなのか。日本人は、都合の良いように外国語を変形させたり、外国語ふうのものを創り上げた後、に日本の生活にうまく取り入れてきたので、どんな「マジック」も生活の中で重ならないようになっているから、ほぼ不都合を感じないようになっている。たまに重なっても、それが笑いの種になるようなほほえましい出来事となることが多い。ただ、「マジックハンド」は現在のところ日本人の日常生活になじんでいないので、「マジックハンド」のままなのだろう。
 外国語を変形させると言えば、「プーさん」の件がある。「ウィニー ザ プー」は、日本では「くまのプーさん」と呼ばれている。本当なら「くまのウィニー」だろう。だが、「くま」という語は元々ないのに、敢えて修飾語の「くまの」を頭にかぶせた。見れば明らかにクマだとわかるのに。これはどういうことだろう。「ウィニー」よりも「プー」のほうが言いやすく、かわいい感じの発音だからか。それとも、「ウィ」という日本語にない発音よりも、日本の子供が発音しやすいからか。それとも、覚えやすい発音のパ行の発音だからか。まさか、名前に動物名を添える「ミッキーマウス」「ミニーマウス」「ドナルドダック」「ディジーダック」と同様の扱いを、「さん」づけだからそれ以上の扱いを、日本独自にしなくてはならない特別の事情があったからなのか。
 ところで、最近の中国では「プーさん」がネット検索できないようになっているらしい。それは「プーさん」の体型が国家主席の体型に似ているということで揶揄されるからだという理由になっているが、本当だろうか。親しみやすくてよいと思うが、威厳のほうを優先するのかもしれない。ただ、そうしたようなことは泰然自若としてどっしり構えているほうが国家主席らしい堂々とした立派な態度だと思う。
 だから、部下の忖度で行ったのではないかと想像する。いつの間にか日本では「忖度」という言葉が悪いことのようになってしまったが、「忖度」は行うべきことだ。「忖度」がなければ、どんな組織でもうまく運営されない。ただ、「忖度」後の連絡と相談をしてから実行するという手順を踏まないことがまずいのだ。中国のこの件は恐らく「忖度」がなされた後、国家主席に連絡して相談してからネットを制御すべきだったのを、しなかったのだろう。
 つまり、「忖度」ならぬ、先走った「勝手」をやってしまったのではないか。もし、国家主席に相談していれば、ネットの制御が逆効果であることを諭し、実行の許可を出さなかったに違いない。ただ、「こうした理由で検索不能にしてしまおうと考えておりますが、いかがでしょう。」と伝えるのを失礼だと考え、いつもやっているネットの検索制御の流れの中で、ゴーサインを出したのではなかろうか。
 それよりも、本当は「プー」という言葉の意味のほうに問題があるのではないか。「pooh」が「Pooh」になったからといって意味が変わるわけではなかろう。どうしてこんな酷い言葉をキャラクターにつけたのだろう。ディズニーのセンス、価値観の中で、この言葉の意味はどう位置づけられているのだろうか。
 それはともかく、安倍首相と並んだ写真では、「くまのプーさん」の画像に置き換えられていたらしい。これはいくらなんでも両者に対して失礼だろう。また、お二人の書いた色紙が並べられてネットに載っていたことがある。たしかに安倍首相の字は達筆だが、こうしたことを比べてどうしようというのだろう。中国人もネットのマナーを高めていかねば、それが抑圧の原因になってしまいかねない。
 ただし、抑圧を抑圧と感じない文化、抑圧の原因を他のものにすり替える文化が、長い長い歴史を持つ中国であるだけに、発生していないとも限らない。
 ユーモアはあってもよいかもしれないが、失礼なことは失礼だ。行動を自重してもらいたいものだ。礼を重んずるのが中国ではなかったか。それは昔の話なのだろうか。昔の話だろうなあ。周囲の国々への数々の所行を見ると。恐らく、その重んずる礼の対象が特定されていたり、特定の場面に限られていたりする、というだけのことなのかもしれない。だが、もしそうならば、中国もたいしたことのない国だということになってしまう。小さいころに僕が抱いていた中国のイメージは、遥か彼方の歴史の中の、しかも物語の中のイメージに過ぎない。だが、そのイメージが頭のどこかに残っていて、物事を理解しようとするときの邪魔になったり、方向となったりすることを恐れる。
 現実の世界とはかけ離れた世界を、せめて物語の中で実現するものということを考えると、現実を反映したものであったとしても、実は実像とはかけ離れたものであった可能性が濃厚だ。イメージというものは、だから大切にしたいものだ。与えるにしても、抱くにしても。

広告

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 変な疑問 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中