心の断片454「古名簿」

「古名簿」

君よ
まだ生きている
そして覚えているか

華やいだ日々のなか
颯爽と歩いていたのを
そして
必要なき労苦と憔悴の
どうでもよい積み重ねを
また
誤解と曲解の狭間で
息の根を止められたことを

見るたび細い指はもつれ
小さな肩は少し傾ぎ
だのに
笑顔だけは
痛々しくも変わらない

君よ
まだ生きているか
そして微笑んでいるか
踏み出す足に
力はあるか

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 心の断片 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中