心の断片471「オーチンジュウダ」

「オーチンジュウダ」

この星の大珍獣ヒトは
冷酷無比にとどまらぬ
他族を
絶滅寸前に追い込んでは
オー!
チンジュウダと喜ぶ変態
絶滅の寸止めを楽しんだ
ほろ苦いオマケのつもりか

根っから珍獣ヒトは
オーチンジュウダと
名前を変えるがよい
何よりずうずうしき
罪を罪とも思わぬ跳梁跋扈
それでも珍獣なのは
真性珍獣の証
もういい加減気持ち悪いから
別の星に移住してくれないか
ああ そういえばそうして
別の星から来たんだったか

なあ
オーチンジュウダよ
誤解覚悟の
Очень Judahじゃどうだ
それとも
おお、死んじゃった?が
おっちんじゃった?と訛り
さらに崩れて
オーチンジュウダに
なったかもしれんと
誤魔化しとくかあ

 宇宙船着陸に巻き込まれ
 無残に死んだ地球人の亡骸を
 宇宙人が見て
 「アレハナンダ?」と尋ねましたとさ
 近くにいた少年は泣いて
 「おっちんじゃった」と答えましたとさ
 「ナルハド、アレハ
 オーチンジュウダトイウモノカ!」と
 記録しましたとさ

おばかなエピソードつきだ
黙って胸に納めてくれい
大珍獣ヒトよ

広告

どこにいるの? について

「がんばったら疲れる。疲れたら休む。休んだらがんばる。」ということにしておこう。
カテゴリー: 心の断片 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中